サルサは大阪のダンス教室ラ クラーベ ダンス スタジオ
 HOME  
NYスタイルとは
NYスタイルの基礎
NY情報
NYのレッスン
サルサのポイント
 
お気に入りCD
Event情報
What's New ?
Gallery
Link
おすすめShop
ブログ
レンタルスタジオ
Mail
La Clave Dance Studioについて Q & A Class Info & Access My Profile Mail

サルサを踊るについてのポイント

サルサは究極のボディーコミュニケーションです。リズムを感じ相手を感じることが出来れば最高です。踊っている瞬間をほんとに楽しむことが出来るようになれば、嫌なことや辛いことも忘れてハッピーになれます。是非、音楽とともに踊りを楽しんでください。その為のポイントを以下にあげておきます。

・ まずはリズムをしっかりキープする。どんなに派手に踊ってもリズムが狂っていたら踊りになりません。ひとりで踊るならいいけど、ペアで踊るとなるとしっかりとリズムを取らないと相手に迷惑をかけます。男女とも音楽があって踊りがあります。当たり前ですが常に音楽を感じながら踊れるように練習しましょう。踊りはリズムが命です。パターンやステップに捕われないようにしましょう。踊りたいという気持ちと、リズムがあれば十分です。クイック、クイック、スローのタイミングを常にキープしましょう。

・ お互いを思いやって敬意を持って踊りましょう。やたら女性を振り回している男性やリードを無視して踊る女性を見かけますが、ペアで踊る以上自分勝手に踊るのはやめましょう。また、エチケットにも十分注意を。男性は爪を短く切り、男女とも口臭には注意しましょう。腕時計、指輪は相手を傷つける可能性があるのでなるべくはずしておいてください
 サルサダンスはボディーコミュニケーションです。思いやりは必ず相手に伝わります。お互いを感じながら踊るようにしましょう。

・ クラブなど人の多いところで踊る場合は、リーダーは必ず周囲の状況を良く見て女性をリードしましょう。相手ばかり見ていては周りが見えず思わぬ事故になるときがあります。車の運転と同じで周囲に気を配る、それがひいては思いやりにつながります。

・ 踊っているときに他のペアとぶつかったり、足を踏んでしまったら、きちんとあやまりましょう。これは、社会常識ですね。

・ 男女とも上達のコツは、出来るだけうまい人と踊ることです。自分がまだ上手くないからといって、同じくらいのレベルの人を誘うのはやめましょう。踊りになりません。まだうまくないことをちゃんと伝えれば、上手な人は踊ってくれます。それから上達の一番のコツはとにかく音楽に乗ってベーシックとターンをひたすら練習することです。また、男性は女性について行くことと相手の重みを感じるようにしましょう。サルサは小手先で踊るものではありません。お互いの体の重みをしっかりと感じましょう。

 

 

All documents, images and photographs included in this site are owned by MamboMachine.
Unauthorized use is strictly prohibited. Copyright(C)
1997-2007 All Right reserved by MamboMachine